ベンチャー企業

ライティングの師匠は若くて可愛いバツイチ!

若きコピーライターが私の前に座った。そして、一回り異常若い先輩に教えてもらうことになった。

師匠は突然決まった!

ベンチャー企業らしく固定の机はデザイナーと総務以外はない。部長が座る席は固定されている。そのほかの社員はロッカーから必要な資料を出して好きな席に座る。早い者勝ちだ。さらに、なぜか8角形の大きな机が人気。

私は原稿を書くために、会いている机に座った。6人がけの長方形の机で窓際だ。そこが落ち着く。外が見えるし、街を歩く人が見える。外を眺めているだけで落ち着いた。ダイニングテーブルで翻訳に取り組む仕事に比べて、かなら楽な感じだ。翻訳の仕事は孤独との戦いだった。会話する相手は小さな娘と父だけだった。それに比べれば、今の環境はご機嫌だけど、総務の女性スタッフと先輩CA千晶さん、社長以外に話したことはなかった。

デスクで考え込んでいたら、「あの新人さんですか?」と席の前に座ってくれた女子は20代後半だった。彼女は小さな出版社から転職してきたライターで、実はバツイチの子持ちだった。ものすごく可愛く社内では一番の人気者で「聖南ちゃん」といつも呼ばれている。

もう1人男子がやってきた。腹のデカさはすごいが、骨も太くラガーマンという感じ。聞いてみたら花園出場は3回を誇る正真正銘のラガーマン。元のビール会社の営業マンで営業から逃げたくて週末学校に通って、Webデザイナーになったらしい。

社長の研修は地雷?

聖南さんが「もう原稿を書けと言われたのですか?」と聞いてくるから、「まあ、書いてみようかなという感じです」と答えたら「それって、地雷ですよ」と毒をはく。

地雷なの?

「どういうこと」

「原稿かけと言われてからどれくらい立ちましたか?」

「研修終わってから、だから、45分ぐらいかな」

「書けましたか?」

「とりあえず」

と言って聖南さんに見せた。

「あの、初めて原稿描くのですよね」

「初めてです」

「そうですね。これだと雑記ブログに載せるレベルですね」

「だめ?」

「ニキビがテーマですよね。ニキビについて調べましたか?」

「特には」

「やっぱりね」

「まず、Googleで検索してみてください。ここに入れるキーワードで勝負は決まりますよ」

「ニキビで検索すると膨大な量の情報が出てきすよね。Googleの活用法の解説をしてくれるのかな?」

「新人は社長が研修するの?」

「全員ではないです」

「は?私だけ」

「社長に狙われてませんかね」と坂田くんがいい出すからややこしい。

「坂田、黙ってろ」と聖南さんがどつく。

「はーい。すいません」と素直に謝る坂田くんが不思議だった。なんとなく、私も坂田くんと呼んでしまうぐらいに、なんだか軽い。

上下関係はあるんだ。一応な。という感じかな。

 

社長にダメ出しするの!

「うーんと私の原稿があと40分で仕上がるので、終わったら私が研修します」

「社長の研修はどうするの?」

「受けなくていいです」

「いいの?」

「私が今から研修引き継ぎますと連絡します」

と言って、聖南さんがチャットワークで社長に新人研修をやらせてくださいと連絡。

すると「お願いします」と返答がくる。

「はい、私が引き継ぎました」

こんなに簡単に引き継ぐの?

「社長は本業は営業でライターではないので、ダメなんです」

「え?社長にダメ出しするの?」

「いつものことですけど」

そうなんだ。

なんだか、この会社はとてつもなく重白いのかもしれない。

-ベンチャー企業

Copyright© どうやって生きて行こうかな? , 2020 All Rights Reserved.